オーラムメディカルについて

代表者挨拶

人々の命の尊さを知ることから、私達オーラムメディカルの仕事は始まります。

「24時間年中無休」の看板を掲げ20年以上に渡り、最先端治療機器を中心に医療機関に提供してまいりました。
正直に申しますと、日々の時間を拘束されることの苦しさは多少あります。
しかし、頼りないほんの小さな力でも、人の役に立てる事はたくさんあると、私達は知っています。
今後も、医療を通して社会貢献することの喜びを感じえる人材を育て、社会の人々にお役立てできるよう努めてまいります。

大切にしていること

「医療を必要とされる患者様に対して、最善の医療製品を病院機関に提供することで、地域の人々の健やかな暮らしに貢献する」これは、私が大切にしている創業時の思いです。以来20年以上の間、仲間と共にこの思いを絶やすことなく、懸命に歩んでまいりました。

そして弊社ではもう一つ、大切にしていることがあります。
それは社員の「個人の夢の実現」を大切にすることです。一度きりの人生において、幸せを追求することは、最も尊重される個人の権利です。

私は、社員が心身ともに健康であることが、良い仕事・良い行いをする原点だと信じております。

弊社では、「自分自身が幸せになる」「家族を幸せにする」など「個人の夢の実現」をモットーに、心身ともに健康でいられるような社風を大切にしています。
今後も創業時の思い・社風を大切にして、変わらぬ心志をいつまでも絶やさぬよう、最良の医療販売商社を追及いたします。

オーラムメディカルのこれから

弊社は、創業から長期にわたり心臓疾患を中心とした専門分野で、仕事をしてまいりました。

昨今、国民皆保険制度を有する我が国は、時代の変化と共に、社会保障費の圧縮を進めております。それに伴い各国立,市立病院の独立法人化が進むなど、多くの病院機関が、経営面の見直しや改革を求められる時代に移行しております。

一方、医療機器業界を取り巻く環境は、新製品の発展がめまぐるしい反面、保険償還価格の減衰が進み、更に病院機関との価格交渉も加熱する中、競合他社との競争が激しさを増しております。医療機器業界もまた時代の変化と共に、経営改革やビジネスモデルの再編を求められる時代に移行しています。

そこで弊社としましては、各専門分野の垣根を越え医療現場の多種多様なニーズに応えられるよう、シップヘルスケアホールディングス㈱とのグループ契約を締結いたしました。(平成27年3月100%子会社)これにつきまして、専門ディーラーとしての機能を維持した上で、各部門の役割を担うグループ会社と連携(情報共有)する事で、医療システム,病院経営など、オーラムメディカルとしてこれまでにない新たな方面で、病院機関に貢献できるようになりました。
病院機関全体のニーズに応えられるよう、グループ会社の関係構築を進めるとともに、今できる事や小さな力を一つひとつ積み重ね、医療機器販売商社として邁進してまいります。

オーラムメディカル株式会社
代表取締役

経営理念

医学の進歩に寄与し、地域医療発展の為に付加価値の高いサービスを提供することにより社会貢献する。

創業時の思いをそのままに、変わらない心志をいつまでも

オーラムメディカルはこれまでずっと、地域医療の発展のために、
最も良質で安全な医療用具を提供しようと努力してきました。
それはこれからも変わることの無い、私たちの基本姿勢です。