取扱い商品

  • インターベンション事業部
  • ニューロ事業部
  • 消化器事業部
  • CRM事業部
  • CV事業部

CRM事業部の取扱い商品

ペースメーカ

ペースメーカは心臓に備わった自然のペースメーカの代わりを務める医療用電子機器です。心臓の鼓動が途切れたことを検知すると、ペースメーカは電気的刺激を心臓に送り、正常なリズムで鼓動させるようにします。

ICD

ICDとは、英語の“Implantable Cardioverter Defibrillator”の頭文字を取ったもので、植込み型除細動器の意味になります。心室頻拍や心室細動などの、いわゆる致死性の不整脈の治療を行う医療機器です。
ICD本体は、密封されたチタンの缶の中に非常に精密なコンピュータが内蔵されており、常に心臓のリズムが正常かどうかを監視しています。 異常が現れた時には、その異常な心臓のリズムがどのような不整脈なのかを診断し、その不整脈に合わせて設定された治療プログラムに沿った治療が行われます。ペースメーカ機能も有しており、徐脈にも対応します。

CRT-D

前項のCRTに除細動器機能を併せ持った植込み型の治療機器です。“D”とは、Defibrillatorの頭文字“D”をとったもので除細動器のことです。

心不全の患者様の中には、突然死された方の報告も数多くあります。突然死は、ほとんどが致死性の不整脈が引き金となっています。危険因子を持った患者様にCRT-Dを適応することによって、突然死を予防することが可能になり、現在、急速に普及しつつあります。
CRT-Dは、通常のペースメーカ機能に加え、心不全治療機能のCRTと致死性の不整脈(心室頻拍、心室拍動)を治療するICDの機能を搭載した植込み型の治療機器です。

心不全は、患者様によって、その原因、症状がさまざまですので、必ずしも、CRT-Dが全ての患者様に対して有効、適応とはならない場合もあります。医師にご相談いただき、各々の患者様にあった治療法を受けることになるでしょう。

カテーテルアブレーション

不整脈の代表的な治療方法であるカテーテルアブレーションは、アブレーション治療用のカテーテルで不整脈を起こす原因となっている異常な電気興奮の発生箇所を焼き切る治療法です。不整脈の種類にもよりますが、手技時間は大体2時間~4時間ほどで、体に負担がかからないよう、局部麻酔や静脈麻酔で行われます。

  • インターベンション事業部
  • ニューロ事業部
  • 消化器事業部
  • CRM事業部
  • CV事業部